今年もイカは多いのか?

お立ち寄りありがとうございます

皆様から「ポチィ」を頂いて

私の活性が上がり、フィールドで

イカの活性を上げます

これからも宜しくお願いします

   

にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
にほんブログ村

2020年3月22日

場所 : 大分県津久見市

潮  : 中潮

天気:

釣果:アオリイカ2杯

ウイルス退散!

大分市では、コロナで

大変な事になっていますが

ただただ終息を祈るばかりです

久しぶりの釣行です

あまりにも久しぶりなので

ノットを忘れていました

ブログの更新方法も

今日の釣行は津久見方面へ

ゆっくり目の出発で

現地到着は、8:00

風、波も無くエギング日和

半袖でも良いくらい

フィールドの状況は

アングラー少ない

海面は

ホンダワラ多し

そのホンダワラの陰には

4~5杯のアオリスクール

サイズは

500g~800gくらい

まあまあ良いサイズ

そんなアオリスクールを

あっちこっちで見かけます

今年もイカ多い?

そんなことを考えながら

アオリスクールのちょい沖に

かる~くキャスト~反応を見ます

スクールの中の1杯が

エギに、速攻アタック

ラッキーなことに

1投目でキャッチ

他のアオリもサイトで狙うぞ

っと海中を見ると

あれだけ居たアオリが

どこにも居ない

イカ墨で散らしてしまった

暫くこの場所で粘ることに

10投目くらいでしょうか

エギを足元までシャクリながら寄せると

追尾のアオリを発見

かなり低活性で

超スローでエギに接近

あまりにもスローなため

しびれを切らして

エギを足元のゴロタ石の上にスティ

すると、アオリ

ゆっくりとエギに接近

そして、エギのカンナ部分を

触腕の先っちょで掴み

ゆっくりとエギを引く

いつもなら、ここでアワセを入れ

バラスことになるが

今回は、しっかりエギを掴むまで待つことに

ホバリング中のアオリ

エギを離し

ゆっくり沖方向にバックして

戻って来ることは無かった

バラシてもいいので

あわせるべきだった

アオリの行動を読むのは難しい

この後、ラン&ガンするも

アオリは多いが

良型が釣れることは無かった

こんなサイズと戯れながら

帰宅しました

次回は、マヅメを攻めてみます

スポンサーリンク